北九州市(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)

北九州市近郊もご相談を承ります。

経験豊富な住宅リフォーム提案士が問題を解決いたします!

北九州市の住宅リフォーム会社なら
匠エージェント

北九州市若松区浜町2丁目19-7-202(本社)北九州市小倉北区中井1丁目31-5(小倉店)

リフォーム提案士にお気軽にご相談ください

0120-094-654
受付時間
9 : 00〜18:00

定休日 月曜日

北九州市の外壁塗装リフォーム専門会社なら匠エージェント

シーリング(目地コーキング)補修

シーリングについて

家の外壁サイディングの特徴といえば、ボードとボードの境目にある継ぎ目です。

これを「目地」といいますが、この場所と窓などのサッシまわりには、シールという、ゴム状のものが埋め込まれています。

このシールの事をシーリング・コーキングともいいます。

新築時、サイディングボードを張り終わった工事の後、はじめはマヨネーズ状になっているシールを目地などに注入していき、時間がたつとゴム状に固まっていきます。

目地のシーリングが経年劣化で
剥がれています。

内側のボンドブレーカー(青色)
露出してます。

シーリング材の内側を見てみましょう!

説明画像をご覧下さい!

最近の住宅の外壁材として多用されている窯業系サイディングの目地に対するシーリングは二面接着が原則として施工されています。

目地には、部材の温度差による伸縮、建物の揺れ、歪みによるシーリング材に対する(かすかな動き)が働いています。

三面(両側と奥側)に接着をしますと、シーリング材が自由に動けず、「追随(ついずい)と緩衝」というシーリング材本来の機能を果たせなくなります。

結果として部材からのシーリング材の剥れ、ひび割れ等を引き起こしてしまいます。

 

ハットジョイナー

サイディングの目地部にボンドブレーカー付のハットジョイナーを使用するようになってから、目地部の納まりが良くなり、シーリング処理も改善されました。

築15年以上前のサイディング初期の建物ですと、ハットジョイナーを使用していないものもあります。

そのような場合はバックアップ材を利用して二面接着を確保するようにしなければなりません。

時間によるシーリング材の経年劣化

新築の時は上から外壁塗装をせずに、シールそのものがむきだし状態のため、紫外線が直接あたる格好となって劣化していきます。

特に、家の北東側より陽のあたりがつよい南西側の劣化が激しくなります。

そのため、のちのちの雨水の浸入を防ぐためにも、塗装前にシールの打ち直しの交換工事が必要になってきます。

多くのお宅の場合、築10年を経過すると、シーリング材の劣化状況が見えてきます。

外壁塗装のリフォーム専門用語では「シール打ち替え」ともいいます。

打ち直しをせずに塗装も可能かもしれませんが、せっかく足場を組んで工事するわけですから、多少の費用は加算されてしまいますが、長持ちするということを考えれば、必ずやっておいたほうがいいでしょう。

シーリングの打ち替え

シーリング材の打ち替え手順(工事工程)

シーリング交換の工事前
  • 新築時のシーリング材が破損しています。
  • 雨水が浸入する原因となるため、早急に打ち替えの補修工事が必要です。
シーリング材のはぎ取り
  • 既存のシーリングを全て撤去します。
  • カッターなどでシーリング材に切り込みを入れ、サイディングに接着している部分からきれいに取り除きます。
目地の掃除
  • シーリング材を剥ぎ取った後、ハケを使って綺麗に掃除をします。
  • この後の工程で、いくら良い接着プライマーを使っても、汚れが付着していてはシーリングが密着しません。
養生テープの後、接着プライマーの塗りつけ
  • 外壁表面にシーリング材が付かないよう、テープで養生をします。
  • シーリング材の密着力を高める、接着プライマーを塗布します。
  • プライマーを塗布しない場合、施工後すぐにシーリングが剥がれてしまうというトラブルが起こります。

 

シーリング材の充填
  • コーキングガンを使用し、シーリング材を充填します。
  • シーリング材のボリューム不足が肉やせなどのトラブルにつながりますので、決められた厚さになるようにしっかり充填します。
シーリング材のヘラ押さえ
  • シーリングの中に空洞ができないように、ヘラを使ってしっかりと圧着させます。
  • サイディングにしっかり接着するように押さえ込み、平らにならします。

 

養生テープはがし乾燥
  • シーリング材が乾く前に、養生テープを剥がします。
  • シーリングの乾燥時間を十分に取ってから、塗り替え工程へと移ります。
塗りかえ後、完成
  • 塗料を塗りかえた後、完成です。
  • シーリング材は、塗料が密着しやすく、汚れが付きにくいものを使用します。

シーリング材の種類

シーリング材の主な種類(ウレタンと変成シリコン)

ウレタンと変性シリコンという品質の異なる2種類があります。

一般的に変性シリコンのほうが質は上で、価格も若干高い傾向がありますが、ノンブリードタイプ(塗装を侵して汚してしまう成分が入っていない)であれば、どちらでも構いません。

変性シリコンの場合は、シールがむき出したままの状態でも、紫外線による劣化が少ないメリットがあり、ウレタンの場合は、塗装との密着が優れています。

ノンブリードタイプを使うのは必須かもしれませんが、シリコン、ウレタンとも大きな差はありません。

シーリング材は、1液タイプと2液タイプがあります!

1液タイプのシーリング材

ホームセンターでもよく売っているのが、このタイプです。

そのまますぐにガンにセットして注入できるタイプです。 1本1本のカートリッジ式です。

 

2液タイプのシーリング材

2つの材料を、専用の攪拌機を使い、それぞれ混ぜ合わせてから使用します。

2液系は、主剤と硬化剤をしっかりと攪拌(混ぜ合わせる)しなくてはいけません。

また、クリア塗装や、シーリング部分がむき出しになる場合、壁とシーリングの色合いの違いを気にされるお客さまもいますので、トナーで色を調整することもできます。


1液タイプ
2液タイプ

その他メニューのご紹介

屋根塗装リフォーム

弊社の屋根塗装リフォームについて説明しております。

屋根リフォーム

弊社の屋根リフォームについて説明しております。

大工・内装リフォーム

弊社の大工・内装リフォームについて説明しております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

受付時間:9:00~18:00

(休業日:月曜日 祝日と重なる場合は翌日)

メールでのご相談は24時間受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アメーバブログ

北九州市の住宅リフォーム会社なら匠エージェント

普段は聞けないリフォーム現場のお話や、リフォームの情報を発信しています。

ミツモアバッジ

アクセス

0120-094-654
住所

〒808-0024
福岡県北九州市若松区浜町
2丁目19-7

JR若松駅 徒歩15分