北九州市(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)

北九州市近郊もご相談を承ります。

経験豊富な住宅リフォーム提案士が問題を解決いたします!

北九州市の住宅リフォーム会社なら
匠エージェント

北九州市若松区浜町2丁目19-7-202(本社)北九州市小倉北区中井1丁目31-5(小倉店)

リフォーム提案士にお気軽にご相談ください

0120-094-654
受付時間
9 : 00〜18:00

定休日 月曜日

北九州市の屋根塗装リフォーム専門会社なら匠エージェント

屋根塗装の工程

屋根の塗装だけをおこなう注意点

屋根塗装だけで仮設足場は必要?

屋根塗装のみをお考えの方から、「仮説足場が必要かどうか?」の相談をされる事があります。

仮説足場が必要かどうかは、事故防止第一を考えて、現場の状況にもよりますが、まず屋根の塗装の際には、高圧水洗浄を行います。

この作業を行えば、古い屋根塗料の塗膜や水が飛んだりしますので、近隣に家が密集しているような所では、まずコケや古い塗料等、汚れの飛散防止の事を考えなければいけません。

仮説足場無しで、シートを持って飛散を抑えるという事はできない事ではないですが、それだと現場に最低限3人は必要になります。

それでは余分に経費(人件費・材料費等)がかかり、結局のところ、お客様に負担を追わせることになります。

次に、屋根の角度の問題です。平屋で、よほど急な角度でなければ足場無しでも塗るだけでなら可能と言えば可能ですが、それが2階建てや3階建ての現場になると話は別です。

2階建ての現場で、勾配が緩やかだから仮説足場無しでできるというのも、問題ではあります。

高圧水洗浄の作業は、高い圧力で水を掛けるのに足を滑らせないという可能性が、無いわけではないですし、普通に考えれば危険極まりない状態であると言えます。

職人さんがご自宅の庭に落ちて、人が亡くなるような事があると、せっかく屋根塗装できれいになっても、自己責任だからといって、皆様は納得するでしょうか?

結論から言いますと、2階建ての以上の建物の場合、基本的に仮説足場は必要で、かけなければなりません。

また法的にも、事故防止の観点から厳しく定められています。

また、2階建て以上になると、屋根の隅の方まで足場無しでは、危なくて綺麗には塗りにくいので、適切・丁寧な工事を行える状態ではないと言えます。

よって、現場次第ではありますが、平屋建てで、屋根の勾配が緩く、近隣から離れた現場の場合以外では、ほとんどのケースで足場を掛けて施工する事が現実的です。

※2階建てでの建物の屋根を、仮説足場無しで行う業者さんがいれば、それなりの仕上がりだと考えていただいても結構だと思います。

どんなことよりも、優先的に安全第一です!

屋根の塗装工程

最初の写真のように平たい瓦の事を、カラ―ベスト、コロニアルといった呼び方をします。

塗装の必要がある屋根です。

カラ―ベスト(コロニアル)やセメント瓦、モニエル瓦等の場合、よく写真のようにコケが生えたり、汚れが目立ちやすくなります。

塗料膜で保護機能をする事で、コケなどを付きにくくしたり、汚れにくくしたりすることが出来ます。

また、長い目で見れば、屋根瓦の延命化に繋がるとも言えます。

仮説足場仮設し、まず最初の工程は高圧水洗浄です。

外壁塗装と同様に、丁寧に高圧で洗浄していきます。

カラ―ベストは外壁よりも弱い材質ですが、素材を傷めず適度な洗浄をするには、同等の圧力でも問題なく洗浄できます。

(かなり痛んでる場合や、割れたりしてる場合は、状況に応じて対応しますのでご安心ください)

一般的には、作業効率から、上から下に降りていき、高圧で洗浄していきます。

屋根は、紫外線の影響を直に受ける為、外壁よりもデリケートな部分です。

今度新しく塗る塗料の密着性の事などを考えると、高圧水洗浄は外壁以上に念入りに行う必要があります。

洗浄後の写真です。

次の写真のように、コケや旧屋根塗料の塗膜は飛んで綺麗になりました。

高圧洗浄を使っても、瓦・鉄板部のしつこい汚れ・コケなどが取れない場合は、ケレンを掛けて、職人さんの手によって、綺麗に汚れを落としていく場合もあります。

高圧洗浄を終えると、時間をかけて屋根を乾かしていき、次の工程に入ります。

屋根塗装の工程に入ります。

まず、屋根塗料の密着性能を高める為に、シーラー(シールという意味)塗りを行っていきます。

次の写真のように、シーラーは無色で色は付いていません。

屋根塗装も外壁塗装と同様に、必ずシーラー塗りは必要になります。

屋根塗装は、上塗りに高価な塗料を塗ること以上に、高圧水洗浄や下地処理、シーラー塗りの工程の方が重要と言えます。

下地の吸いこみが激しい場合は、状況によりシーラーを2回塗装する場合もあります。

上塗りに溶剤系の屋根塗料を塗る場合、下塗りも溶剤系のシーラーで塗ります。

皆様が選ばれた屋根塗料の中塗り(1回目色付け)を行ないます。

ローラーで細かい部分は塗料が入りにくいので、まず刷毛(はけ)でコロニアルの重ね部を塗装していきます。

写真はありませんが、鉄板部も刷毛で塗っていきます。

コロニアル平面部は、ローラー塗りで塗装していきます。重ね部の刷毛塗りの後を追いかけていくような感じになります。

中・上塗りが溶剤系の屋根塗料の場合、棟の鉄板部も一緒の屋根塗料で塗装する事ができます。

次の写真は、弱溶剤2液型シリコン屋根塗料を塗装しています。

溶剤系の上塗りを使用する場合は、シーラーも溶剤系となります。

水性のシーラーの上に、溶剤系の上塗りは不可です。

しかし、その逆のシーラーのみ溶剤で、屋根塗料は水性というのは可能です。

皆様が選ばれた屋根塗料の上塗り(2回目色付け)を行ないます。

中塗りが終わりましたら、時間を空けて再度同じ屋根塗料で、上塗りを行います。

「色を変えると塗り残しが分かりやすい」そういう考え方もありますが、基本的には同じ色の屋根塗料で塗ることをお勧めします。

弊社の腕・経験の確かな匠「塗装職人さん」では、塗り残しもなく、最後にきちんと細かくチェックするのでご安心ください。

色を使い分ける事により、中途半端に屋根塗料が余る事が多くなるので、余計なコストを考えると、施主様負担につながり、弊社では、あまりお勧めはいたしません。

どうしてもと言われる方は、趣旨をよく説明させていただいております。

また完成後は、施主様にもお時間を頂いて、ご確認を頂いくようにしています。 

鉄板部の錆止め塗りを行い、2回塗り屋根塗装後の写真です。

屋根部は、外壁よりも紫外線・雨天・強風等、条件的に一番厳しい部分なので、錆止めも耐久性のあるエポキシ樹脂を含むものが一般的です。

鉄板部の上塗りは、溶剤系の塗料で塗る必要があります。

もし、屋根に水性塗料を使用する場合は、棟の鉄板部は別の溶剤系の塗料で塗る必要があります。

錆止めを塗ったから、水性塗料でも大丈夫と言うことはありません。

屋根に水性塗料を使用する場合は、この辺に注意が必要ですが、耐候性・耐久性を考えるとコロニアルの屋根塗装は、溶剤系をお勧めいたします。

塗装工程の終了です。

写真では分かりにくいですが、中塗り後より上塗り後の方が、より一層艶が出ています。

弊社サービスの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

平日は時間がないという方も安心です。

お問合せ

平日はお仕事で忙しいという方のために、土日もご相談を受け付けております。

お客さまとの対話を重視しています。

無料相談

お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。

しっかり確認するのでご安心ください。

現地調査

屋根塗装リフォームする前には現地の確認が必要になります。リフォーム内容によってポイントが異なります。外部の場合、調査することは可能ですが、ご説明等もありますので、なるべくなら、ご在宅時におこなわせていただいています。

ご提案

丁寧にお話しさせていただきます。

屋根塗装リフォームの内容について、皆様の条件に合ったベストな提案をさせて頂きます。お見積もりも一緒にご提示し、ご説明をさせて頂きます。

屋根塗装リフォームのお見積もり内容は専門用語が多く難しい説明書きが記載されていますので、面談でのご提案になります。

ご契約

弊社はフォロー体制も充実しています。

弊社では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

その他メニューのご紹介

外壁塗装リフォーム

弊社の外壁塗装リフォームについて説明しております。

屋根リフォーム

弊社の屋根リフォームについて説明しております。

大工・内装リフォーム

弊社の大工・内装リフォームについて説明しております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

受付時間:9:00~18:00

(休業日:月曜日 祝日と重なる場合は翌日)

メールでのご相談は24時間受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アメーバブログ

北九州市の住宅リフォーム会社なら匠エージェント

普段は聞けないリフォーム現場のお話や、リフォームの情報を発信しています。

ミツモアバッジ

アクセス

0120-094-654
住所

〒808-0024
福岡県北九州市若松区浜町
2丁目19-7

JR若松駅 徒歩15分