北九州市(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)

北九州市近郊もご相談を承ります。

経験豊富な住宅リフォーム提案士が問題を解決いたします!

北九州市の住宅リフォーム会社なら
匠エージェント

北九州市若松区浜町2丁目19-7-202(本社)北九州市小倉北区中井1丁目31-5(小倉店)

リフォーム提案士にお気軽にご相談ください

0120-094-654
受付時間
9 : 00〜18:00

定休日 月曜日

北九州市の住宅リフォーム会社なら匠エージェント

施工事例

こちらでは弊社が今までに手がけた事例をご紹介いたします。

リフォームの目的は様々です。老朽化してきた、不具合や故障、あるいは設備性能向上のため、他にもご家族が増えたためなど、理由は色々です。

弊社での施工が、少しでも皆様の参考になるかもしれませんので是非一度ご覧下さい。

事例のご紹介

屋根塗装リフォーム・外壁塗装リフォーム

塗装リフォームの目的は美観と防水効果です。

築10年以上すると、少しずつモルタル壁に苔が出てきます。理由は防水性能が著しく低下しているからです。

今回のお宅は外壁に亀裂等はなく、屋根や外壁を塗装すれば問題ありませんでした。

最初の塗装リフォームを正しく行うことで、きちんと建物自体を永く保てることが出来ます。

(北九州市若松区)

洗面台リフォーム

洗面台の配管のつなぎ手から水が漏れていたので、ご相談を受けました。以前の洗面台も30年を超えていましたので新しい物と交換させていただきました。

ホームセンターでも検討されましたが、水まわりと言うことでしっかりした設備職人さんにお願いしたいとの理由から匠エージェントに依頼されました。

洗面台が全て白色に統一されて、スッキリ清潔感があふれる洗面台リフォームでした。

(北九州市若松区)

 

屋根リフォーム(棟の葺替え)

和瓦屋根の棟の漆喰が割れているのに気づき、急きょ屋根全体の診断を行いました。

築30年は経過していましたが、しっかりとした屋根工事をされていましたので瓦全体にゆがみは無く、瓦の割れなどは見られませんでした。

棟の部分だけ瓦の表面が割れてきており、棟の漆喰や赤土等も劣化していましたので、新しく三州瓦で棟を葺き替えました。

(北九州市若松区)

トイレリフォーム(TOTO)

30年来、お疲れ様でした。

 約30年ご愛用のトイレから、最新式の超節水型トイレリフォームを行いました。

 トイレの機能等も申し分なく、自動洗浄やミスト効果など優れものです。トイレ自体のお手入れも構造上ものすごく簡単です。

 どこまで進化していくのでしょうか、最近のトイレは。

壁の横に設置してあるリモコンはデジタル時計が付いていて、予約設定でお掃除も出来ます。最新のトイレリフォーム・・・うらやましい!

壁紙がすてきな空間を生み出しています。

トイレの壁一面だけ、ほかの面と柄を変えることにより、アクセントが出来て高級感が生まれました。

あきらめず、気に入ったクロスを選んで頂くことが成功の秘訣です。妥協しないで時間をかけて一緒に楽しく選ばせていただきました。

親切・丁寧な対応をモットーとしております。どうぞお気軽にご相談ください。

(北九州市若松区)

内装リフォーム
(サッシ・ペアガラス交換工事)

薄暗い部屋内になっています。

 施主様は絵がご趣味で以前から窓を大きくして、向かいの景色を取り入れたいと望んでおられました。

借景です)

 施工前の窓は小さく、型ガラス(すりガラス)のため、外はとても楽しめるものではありません。

 一枚ガラスなので室内の寒暖差がはっきりしていました。もちろん結露も起こりやすくなっています。

「借景」百聞は一見に如かず。

幅はほぼ同じでおさめ、高さを充分に取らせて頂きました。写真をご覧いただければ一目瞭然です!

「夢の借景」をご覧下さい。

女性のお一人暮らしなので、防犯認定のCPガラス(ペアガラス)を採用し、面格子付きになっています。

これからの生活が楽しみですね!

(北九州市若松区)

内装リフォーム
(玄関・廊下床重ね張り工事)

少し暗い玄関内になっています。

 玄関のフロアに上がり、歩いてみると、ところどころ、凹みがあり少し危ない感じがしました。床の色合いはとても渋くて、施主様好みの落ち着きがある雰囲気でした。

 しかし玄関が、どうしても暗いというのが一番のお悩みでしたので、時間をかけて各メーカーのサンプルから色合いを一緒に何度も時間をかけて話し合いました。

ここを妥協すると後で後悔します。

見た目は天然木の風合いです。

 今回は、フロアシート材という6㎜のリフォーム用の薄いフロア材を旧フロア材の上から重ね張りさせていただきました。

床の下地材まで傷んでいなかったので、まるごと変えなくても大丈夫でした。

 写真では伝わりませんが、歩いた感じがざらざらして天然の木材に近く、満足度は高い商品です。

フロアシート材も何種類かあります。色合い・柄が周囲となじむ物を選ばせていただいてます。

(北九州市若松区)

浴室(お風呂)リフォーム
(在来浴室からユニットバスへ交換工事)

リフォーム前の写真です。

壁・床等を解体中です。

指定業者の組立て途中です。

指定業者の組立て途中です。

指定業者の組立て途中です。

施主様と完成を確認、安心です。

ユニットバスを据え付けました。

「もう35年経っているので、老朽化している、シロアリも不安で・・・」

ご高齢者である施主様からのご相談でした。

「寒いし、タイルも割れていて水漏れも心配・・・将来子ども達に手をわずらわせたくない・・・」

そんなお悩みに応えるため、弊社ではユニットバスをご提案さしあげました。

浴室暖房付きの寒さ対策は勿論、水漏れ対策や節水対策、そして何よりもお掃除が簡単で、お手入れがラクなのがユニットバス。

LIXILのショールームにご家族と見学に行き、ユニットバスへのリフォームとなりました。

既存のお風呂のタイルは勿論、床から壁そして天井まで窓を残してすべて解体していきます。

右写真のとおり、枠組み部分を除いて全て数名で手作業で解体していきます。

既存のお風呂、タイル壁、床・天井を解体後、下水道へ接続するための排水管工事をおこなった後、床下へユニットバスの床材をバランスよく据え付けるためにコンクリートを土間に打ち、綺麗にならしていきます。

コンクリートを打設した後は風通しをよくして、養生期間としてコンクリートが乾くまで、そのままおいておきます。

翌日になり、土間コンクリートが完全に乾燥したら、上水道の接続工事、電気配線工事(浴室暖房乾燥機等含む)、排気ダクト工事をおこない、翌日からユニットバスの組立工程に入ります。

ここまでの工程で2日かかりますが、手際よく行っていますので、最短でユニットバスの組立工事に入ることができ、施主様のお風呂に入れない期間を、少しでも短くしてご迷惑をおかけしないように、段取りよく準備手配を行わせていただいています。

いよいよ、ユニットバスの組み立てです。

ユニットバスは、LIXILから指定を受けた業者が、手際よく組立て作業を行いました。

浴槽、床、壁と組立が終わると、ユニットバスの3枚引き戸を設置、開口が広くとれるため将来的に車椅子でも安心です。

もちろんバリアフリーになっています。

最後にユニットバスの電気接続を行い、全ての工程が完了して、お風呂が生まれ変わりました。

完成後、リフォーム提案士と一緒にお風呂を確認して大変喜んでいただきました。ありがとうございます。

今回は一緒に洗面室の天井・内壁のクロスや床フロアも一緒に貼り替え新調されました。

お風呂は、高級感のあるもので、一緒にショールームに行って決めたので、期待通りの高級感あふれるイメージになりました。

(遠賀郡岡垣町)

浴室(お風呂)リフォームはこちらへ

内装リフォーム
(障子・襖張り替え工事)

プロとDIYでは仕上がりが歴然。

 いつもは障子紙を施主様ご自身が、丁寧に貼り替えていたそうです。

 しかし年数が経過すると、どうしてもたるみがで出来てしまい、時間と労力が掛かるわりにはと弊社にお問い合わせをいただきました。

 拝見させていただいた際は、何カ所か膨らみ等があり、いつ破れてもおかしくない状態で、せっかくの和室が勿体なく感じたのを覚えています。

無地で落ち着いた雰囲気です。

 張り替え前のふすま紙は茶色くなり、はがれ等が多く見受けられていましたが、写真のように綺麗な表情に生まれ変わりました。

 床の間の表情も生き生きとしてきて、立派な和室が再現されました。

 当初はふすま紙は低価格でよいと言われてましたが、やはりふすま紙も和室の顔ですので高級な糸を使ったもので仕上げていきました。

(北九州市若松区)

内装リフォーム
(床張り替え工事:畳からフロアへ)

日頃は使われていなかった和室。

 ほとんど使われていなかった和室のお部屋。

 使わなければ部屋は納戸代わりになってしまうのは、どこのお宅でも同じ事です。

 せっかくの立派な二間続きの和室がもったいないとご相談を受けました。

 和を残しながら、現代風にアレンジを行ないます。奥の押し入れは収納も勿体ない使い方になっていました。

 

和洋折衷なモダンなお部屋に。

 床の色合いは膨張効果を使い明るめにして広さを強調致しました。6畳と8畳の和室、そして2畳の広縁も全てつなげたので、16畳の大きな空間が生まれました。

 押し入れは二間の便利なクローゼットとして、モダンな配色に変更、見た目、使い勝手もよくなり非常にスッキリと致しました。高さも天井までありますので、以前より収納力もアップしました。

猫ちゃんを飼われているので、傷が付きにくく、ワックスも不要な素材のフロア材を使用しました。

 

(北九州市若松区)

木材料の種類はこちらへ

外壁塗装リフォーム・屋根塗装リフォーム・
(シーリング交換含む)

全体的に薄くなりかけている外壁・屋根色。

2階の外壁は色を明るくしました。

 築12年のハウスメーカーのお宅です。

 外壁サイディング目地のシーリングが劣化、裂けてきていたので外壁・屋根を含めた全体塗装診断を行ないました。

 1階と2階のデザインが違うサイディングなので、塗り分けの提案をさせていただきました。

 10年以上経過して紫外線の影響を受け、全体的に塗装色が薄くなり、防水効果の低下も進行してきている状態でした。ちょうど良いタイミングだったと思います。

 

 

コロニアルは弱溶剤のシリコンを使用。

暖色系のメリハリのあるお宅に変身。

 屋根塗装・外壁塗装ともに弱溶剤(油性)のシリコン塗料を使用しました。

 メーカーは3大メーカーのSK化研で、耐候性にすぐれており、長期メンテナンスフリーなものを提案させていただきました。

 屋根は紫外線の影響が強いことから、弱溶剤でもさらに強靱な2液タイプを使用、「匠」の熟練した技術で正しく施工させていただいております。

 目地も古い劣化したシーリングは剥ぎ取り全交換、汚れの付きにくいノンブリードタイプの変成シリコンを使用しております。これでひと安心です。

屋根塗装リフォーム・外壁塗装リフォームの完成です。

(北九州市若松区)

仕切った2部屋の和室でした。

廊下も全て明るいフロアに変更。

新しく内壁を造作しました。

床改修工事(全室フロア)

2階建てのお宅の床をメインにリフォームのご相談・ご依頼を受けました。

 全てのフロアを明るいものに変更し、モダンなイメージにさせていただきました。

 明るい床に変更することで圧迫感をなくし明るい開放感のある部屋へと生まれ変わりました。

 見事な「匠」のリノベーションです。

 

思い切って建具を取っ払い、新たに外壁を造作、壁紙には既存の家具に合う木調ものをチョイス。

 全体的に木の温もりが感じられる空間を演出しています。(アジアンテイスト)

 以前とは全く違うイメージで施主様も模様替えを楽しんでおられました。

 以前の間取りと比べるとガラリと変わり、非常に使いやすく動線もよくなりました。

(北九州市若松区) 

 

交換前の畳ですが、長い間、お疲れ様でした。

古い畳を取り、新しい畳へと交換作業に入ります。

生まれたてのほやほやです。
い草の匂いまで伝わりませんか?

内装リフォーム
(畳新調工事)

30年の間、畳の裏返し、表替えを行なってきました。

 綺麗に施主様も使われていたのですが、年月にはかないません。

 ここまで愛情をいただき、ご家族の成長を見てきた「畳」。

 お役目、ご苦労様そしてお疲れ様でした。

 お別れの時です・・・

施主様は材料にこだわりました。

 サンプルをご覧になって、一般的な量販畳よりも、編み目もこだわり、日本でも高級な部類に入るい草を使用しています。

 畳は長年愛用していきます。

 編み目がしっかりしていると踏んだだけで「ふんわり感」「重厚感」が違います。

以前よりも快適なワンランク上のリノベーションになりました。

 (北九州市八幡西区)

 

歩いただけでボードが凹む状態でした。

垂木を交換、増設して強度を高めます。

内装リフォーム
(畳床張り替え工事)

畳床にパーティクルボードを使用していました。木質の建材の一種で、木材の廃材や建築解体材、小径木などが原料に使われていて、細かくした木材の破片に合成樹脂接着剤を加え、高温かつ高圧をかけて成形することで製品となります。

 畳の交換工事の際、点検をおこなったところ、踏むだけで今にも穴が開きそうな状態でした。

 建築最初から根太(垂木)の本数が足りていない状態で、強度が低かったのですが、よくここまで保てたと思います。

12㎜のコンパネに張り替え、強度がアップ。

新しく垂木を新調、増設し強度を増すことが出来ました。その上から強度がある12㎜のコンパネに張り替え、しっかりとした床に生まれ変わりました。

 床はどうしても建物の状況や立地条件により、痛み方が異なります。お家をリフォームされる際は、一度点検をお願いしてみましょう。

(北九州市八幡西区) 

屋根塗装リフォーム
(コロニアル瓦)

洗浄後のモニュエル瓦です。

家を建てて16年目のお宅です。

モニュエル瓦にコケがびっしりと付いていたので、高圧洗浄する際には、しっかりと汚れを落とさなければなりません。

スラリー層も、後の行程を考えて、丁寧に時間をかけて洗わせていただきました。

セメント層のことをスラリー層『ドロドロとした粥状の層』と言うのですが、 水に濡れると、ドロドロした粥状になります。

以前はこの上に塗装をすると剥がれ等が 起きるトラブルが多く、乾式洋瓦には塗装が出来ないとの見解でしたが、 スラリー層を固める"2液型エポキシ樹脂シーラー"という下塗り材が出来てきてからは、 塗装可能になりました。

下塗りを塗った後の状態です。

モニエル瓦の耐用年数はメーカーでないと分かりませんが、 屋根の漏水に関して、一般的には10年から15年で検査されることと言われています。

その検査でどのような現状になっているか、把握する必要があります。

モニエル瓦の塗装リフォームについては、漏水予防、美観上の問題、瓦の 耐久性を増すための行為と考えて下さい。

写真は専用の下塗りシーラーです。 

(遠賀郡岡垣町)

浴室(お風呂)リフォーム
(在来浴室からユニットバスへ交換工事)

リフォーム前の写真です。

「お風呂が寒いので対策はないでしょうか?」

そんな不安からのご相談でした。

「浴室暖房を後付けして、浴槽だけやり替えたらよいのでは・・・」

そんなお悩みに応えるため、弊社ではユニットバスをお勧めしました。

寒さ対策は勿論、水漏れ対策や節水対策、そして何よりもお掃除が簡単で、お手入れがラクなのが特徴です。

大きな買い物です。数日、家族会議をおこなった結果、ユニットバスへのリフォームとなりました。

壁・床等を解体した後の状態です。

ユニットバスを据え付けました。

既存のお風呂のタイルは勿論、床から壁そして天井まで窓を残してすべて解体していきます。

右写真のとおり、骨組み部分を除いて全て手作業で解体していきます。

解体後、上下水道へ接続するために、給排水などの配管工事をおこなった後、床下の土間へユニットバスを据え付けるためのコンクリートを打ち、綺麗にならしていきます。

風通しをよくして、養生期間としてコンクリートが乾くまで、そのままおいておきます。

完全に乾燥したらユニットバスの組立工程に入ります。

いよいよ、ユニットバスの組み立てです。

ユニットバスの組み立ては、ベテランのメーカー認証を受けた専門の業者が行いました。

組立が終わるとユニットバスのドア枠、設備配管に伴う解体部分の補修など、洗面所との取り合い部分の補修も行いました。

そして、照明、換気扇の配線、配管工事を行います。

浴室暖房換気乾燥機を取り付けたので、専用配線も行いました。

最後にユニットバスの配管接続を行い、全ての工程が完了して、お風呂が生まれ変わりました。

(北九州市若松区)

浴室(お風呂)リフォームはこちらへ

外壁塗装リフォーム
(モルタル外壁)

家全体のツヤが蘇りました。

壁以外の木部や鉄部にも
フッ素を採用しています。

5工程後の状態です。

白い壁が蘇りました。

家を建てて35年目のお宅です。

施主様は過去に2回、塗装リフォームを行ってきましたが、今回は耐用年数の長いフッ素塗料を使用しました。

フッ素塗料の中でも最高レベルといわれている大手塗料メーカー日本ペイントの4フッ化フッ素を選択し、下塗りから合わせると5層の工程を行っています。

モルタル外壁の弱点であるひび割れの対応策として、中塗りに弾力性のある材料を2回にわけて塗り、地震等の揺れが起きても、その材料が揺れに合わせて伸び縮みする役割があるので安心です。

最終の上塗りフッ素も2回に分けて仕上げます。

ファイン4Fセラミックは、究極の4フッ化フッ素セラミックの構造で、紫外線に強く、壁についた汚れを雨水で流れ落とすセルフクリーニング機能のあるものです。

「この先、あまり塗り替えをしたくない・・・」

このような施主様のご希望から決まりました。

現在主流のシリコン塗料よりもワンランク長持ちするハイブリッド塗料になります。

塗料は、家の状態や材質に合わせて選択していくのがベストです。

もちろん、施主様のご要望もしっかりとお伺いし、協議を重ねて最終的に塗料を選びます。

満足度100%の外壁塗装リフォームでした。

(遠賀郡岡垣町)

クロス貼りかえ工事(内壁補修)

破損した内壁です。

下地の交換です。

キレイに完成です。

内装壁の補修工事です。

洗面所の壁に穴が開いて破損していました。

一面のクロス(壁紙)を貼りかえなければなりません。

割れた箇所の下地(石膏ボード)をカットして、新しいものと交換します。

その後、隙間をパテ処理してクロスを貼れる状態にしておきます。

パテが乾燥したら、一面の旧クロスを丁寧に剥ぎ取り、新しいクロスを貼っていきます。

丁寧な仕事が求められます。

破損した箇所にもよりますが、今回の場合は、一箇所でしたので施工時間は半日で終了しました。

(北九州市若松区)

 

 

外壁塗装リフォーム
(シーリング交換含む)

雨樋から軒天井まで
キレイに仕上げています。

外壁色と合わせてシーリング
目地を打ち替えています。
(下半分は打ち替え前)

塗装表面は超親水性塗膜。

しっかりと外壁にツヤが出ています。

外壁表面は4フッ化フッ素で
高耐久性能。

家を建てて12年目のお宅です。

外壁塗料については耐久性能にこだわりました。

今まで日本ペイントのUVプロテクトクリヤーはシリコン樹脂系のみでしたが、今回はさらに進化させたフッ素樹脂系の4Fクリヤーバージョンで塗装しました。

主な特徴は4つあげられます。

一つめは、フッ素樹脂により高耐候性を発揮します。

二つめは、紫外線吸収を最小限に抑える「紫外線吸収剤」の働きがあります。

三つめは、表面の親水性により低汚染性を発揮します。

四つめの効果は藻やかびの発生を長期間にわたり抑制します。

ご存知がない方にご説明しますと、日本ペイントのUVプロテクトクリヤーシリーズは、現在のサイディングの意匠性を一切変えずに保護をする透明の塗料です。

もしかすると、家を建てる時に「こだわってサイディングを選んだ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そろそろ塗り替えはしたい・・・でも現在の模様が気に入ってる。

そんな方にはピッタリの塗料で、外観の雰囲気はそのままで、サイディングの寿命を延ばすことが出来ます。

いわゆる「塗りつぶし(右側)に抵抗感のある人」にはおススメ塗料です。

これまでの、UVプロテクトクリヤーとは異なり、フッ素樹脂により、高耐候性を実現しました。

塗膜表面の親水性化によって発揮される低汚染性で汚れにくさもキープ、塗り替えたその時から強く美しい外壁に生まれ変わりました。

(北九州市若松区)

その他メニューのご紹介

これだ!知りたい塗装リフォーム

もっと知りたい塗装リフォームについて説明しております。

よくあるご質問

よくあるご質問について掲載しております。

当社の特徴

当社の特徴について説明しております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

受付時間:9:00~18:00

(休業日:月曜日 祝日と重なる場合は翌日)

メールでのご相談は24時間受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アメーバブログ

北九州市の住宅リフォーム会社なら匠エージェント

普段は聞けないリフォーム現場のお話や、リフォームの情報を発信しています。

ミツモアバッジ

アクセス

0120-094-654
住所

〒808-0024
福岡県北九州市若松区浜町
2丁目19-7

JR若松駅 徒歩15分