北九州市(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)

北九州市近郊もご相談を承ります。

経験豊富な住宅リフォーム提案士が問題を解決いたします!

北九州市の住宅リフォーム会社なら
匠エージェント

北九州市若松区浜町2丁目19-7-202(本社事務所)

北九州市小倉北区中井1丁目31-5(小倉店)

リフォーム提案士にお気軽にご相談ください

0120-094-654
受付時間
9 : 00〜18:00

定休日 月曜日

友だち追加

LINE ID : @fvn3289u

建具  

建具の幅員は、その室内で行われる生活動作によって異なります。

また、高齢者や障害者が住宅内で杖歩行や介助歩行をする場合、車いすやリフトなどの福祉用具を使用しての移動には、通常の幅員では使いにくいことが多いです。

建具の下のわずかな敷居段差であっても、移動の妨げとなります。

建具の種類

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

引戸は、高齢者や障害者には開閉動作がしやすいことから多く使用されています。

一方、開き戸は、開閉時に身体があおられてバランスを崩してしまったり、戸が急に開かれると、通行している人と衝突するため、使用場所や開き勝手に注意が必要です。

最近では、高齢者や障害者の利用に配慮された特殊な構造をもつ建具も開発されています。

建具まわりのスペース

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

建具の把手側に300㎜以上の袖壁を設けると、開き戸を開閉する際に身体をよけるスペースができます。また、車いすの場合は、450㎜以上の袖壁を設けると開閉しやすくなります。

把手(はしゅ)=(取っ手)

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

把手のノブ(握り球)をレバーハンドル型に交換すると、開閉操作は、ノブを握る→ノブを回す→ドアを押し引きするの3動作から、レバーを下げる→戸を押し引きするの2動作にすることができます。

開きドアにドアクローザーを用いると、ドアがゆっくり閉まるようにできますが、ドアクローザーを付けることによって、付けていない時と比べると、ドアを押し引きするのに多少、力が必要になります。

建具の有効寸法

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

廊下に面した建具の幅を考えたとき、廊下の幅員の基準寸法が910㎜(3尺)の場合、内法寸法は最大で780㎜となります。この幅員の廊下では、介助用車いすが直角に曲がって建具を通行しようとする際、建具の有効幅員は750㎜以上が必要になります。

古い住宅では、建具部分の幅員が狭いことが多いため、高齢者や障害者の生活動作および使用する福祉用具に支障がでることがあります。

もっとも簡易な解決方法は、部屋の用途に支障がなければ、建具を取り外してしまうことです。建具を取り外す場合は、丁番(蝶番)なども一緒に取り外してしまいましょう。

その他メニューのご紹介

住宅リフォームのポイント

リフォームを行うポイントについて説明しております。

現場でのためになるお話

失敗しない業者選びについて説明しております。

当社の特徴

当社の特徴について説明しております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

受付時間:9:00~18:00

(休業日:月曜日 祝日と重なる場合は翌日)

メールでのご相談は24時間受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アメーバブログ

北九州市の住宅リフォーム会社なら匠エージェント

普段は聞けないリフォーム現場のお話や、リフォームの情報を発信しています。

アクセス

0120-094-654
住所

〒808-0024
福岡県北九州市若松区浜町
2丁目19-7-202

JR若松駅 徒歩15分