北九州市(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)

北九州市近郊もご相談を承ります。

経験豊富な住宅リフォーム提案士が問題を解決いたします!

北九州市の住宅リフォーム会社なら
匠エージェント

北九州市若松区浜町2丁目19-7-202(本社事務所)北九州市小倉北区中井1丁目31-5(小倉店)

リフォーム提案士にお気軽にご相談ください

0120-094-654
受付時間
9 : 00〜18:00

定休日 月曜日

友だち追加

LINE ID : @fvn3289u

スロープ  

道路から玄関までの間にスロープを用意すると、車いすでの移動が楽になります。その際に注意したいのが、スロープの勾配です。

短い距離でスロープを取り付けようとすれば勾配が急になってしまうため、スロープを設けるにはある程度のスペースが必要になります。

一般的に、勾配はできる限り緩い方がよく、1/12~1/15程度が望ましいとされていて、車いす利用者が苦にならない理想的な勾配は1/20といわれています。

道路と敷地の段差解消

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

道路から敷地内に入る際、道路側に設けられたL字溝の立上がり部分に段差があり、つまずきの原因や、車いすでの通行の妨げとなります。この段差には、スロープ化したコンクリートゴム製のブロックなどを仮置きして通行しやすくします。

または、屋外アプローチを全面的に整備する場合は、所定の手続き(L字溝の切り下げのための申請)を行い、立上がりが低いL字溝に変更することもできます。

玄関へのアプローチ

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

道路から玄関ポーチまでのアプローチに高低差がある場合は、スロープの設置か緩やかな階段のどちらを採用するかは、敷地の状況を見て慎重に判断する必要があります。

敷地に余裕があるときは、階段とスロープを併設するとよいでしょう。

道路幅は900㎜以上を確保します。

とくに、自走用車いすの場合は、荷物の載せ方などで操作が不安定になりやすいことから、ゆとりをもって1000㎜程度を確保するのが望ましいです。

また、勾配を緩やかにしたために、スロープの設置距離が長くなり、折り返しが必要な場合は、折り返し部分に1.5m×1.5m程度の踊り場を設けます。

玄関周辺のスペースに余裕がない場合は、寝室の掃き出し窓から車いすで出入りできないかを検討します。その際、車いすの車輪に土が付着すると室内の床面が汚れてしまうため、スロープと道路面を結ぶ通路部分の整備も必要になります。

階段

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

アプローチに階段を設ける場合は、蹴上げ寸法110㎜~160㎜程度、踏面寸法300㎜~330㎜程度が望ましいです。

屋外では、雨に濡れると路面が滑りやすくなるため、たとえ2~3段の階段であっても手すりの設置を検討しましょう。

手すりは通常、下りの時の利き手側で使用する場合を想定して取り付けますが、余裕があれば両側に設置しましょう。

その他メニューのご紹介

住宅リフォームのポイント

リフォームを行うポイントについて説明しております。

現場でのためになるお話

失敗しない業者選びについて説明しております。

当社の特徴

当社の特徴について説明しております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

受付時間:9:00~18:00

(休業日:月曜日 祝日と重なる場合は翌日)

メールでのご相談は24時間受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アメーバブログ

北九州市の住宅リフォーム会社なら匠エージェント

普段は聞けないリフォーム現場のお話や、リフォームの情報を発信しています。

ミツモアバッジ

アクセス

0120-094-654
住所

〒808-0024
福岡県北九州市若松区浜町
2丁目19-7

JR若松駅 徒歩15分