北九州市(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)

北九州市近郊もご相談を承ります。

経験豊富な住宅リフォーム提案士が問題を解決いたします!

北九州市の住宅リフォーム会社なら
匠エージェント

北九州市若松区浜町2丁目19-7-202(本社事務所)

北九州市小倉北区中井1丁目31-5(小倉店)

リフォーム提案士にお気軽にご相談ください

0120-094-654
受付時間
9 : 00〜18:00

定休日 月曜日

友だち追加

LINE ID : @fvn3289u

玄関  

玄関は、車いすを使用するかどうかで必要となるスペースが異なるため、将来の車いす使用も検討した上で計画します。

道路と敷地の段差解消

プッシュ・プル式把手

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

開き戸は、引戸に比べて開閉に伴う動作が多く、高齢者はバランスを崩しやすくなります。

また、車いす使用では開閉の際に車いすの向きを変えるため、狭いポーチでは動作が行いづらくなります。

そのため、玄関扉は身体の動作移動が少ない引戸の方が、高齢者や車いすともに適しています。

玄関戸の有効幅員は、通常は700㎜~750㎜程度ですが、バリアフリー使用の製品には800㎜~850㎜程度確保したものがあります。

さらに、有効幅員を1,200㎜以上確保ができる子扉付きや3枚引戸のタイプもあります。

把手の形状は、レバーハンドル型や、押し引きだけで開閉が可能なプッシュ・プル式(上写真)が適しています。

玄関土間のスペース

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

自立走行や伝え歩きの場合は、特別にスペースを広げる必要はありませんが、杖歩行や介助歩行の場合は、杖をつくスペース、介助者のスペースを確保する必要があります。

また、靴を脱ぎ履きするためのベンチや式台を設ける場合は、玄関土間部分の開口は有効寸法で1,650㎜程度は必要です。

実際に動作を行ってもらい、必要なスペースを決定するとよいでしょう。

車いすを使用する場合は、車いすの有効幅員や車いすの乗り換えスペースだけでなく、玄関戸の開閉操作、上がり框部分の昇降動作など、連続的な動作の流れを考慮して、必要な幅員と奥行きを検討する必要があります。

実際に使用される標準的形状の車いすでは全長1,100㎜程度が多いので、これに対して100㎜程度の余裕をみて、玄関土間の奥行きは有効1,200㎜以上確保します。

車いすへの乗り換えや介助者のスペースを考慮すると、玄関土間の開口は、車いすの全幅に1,000㎜程度加えた幅が必要になりますので、最低でも有効寸法1,650㎜程度、できれば2,100㎜程度あると動作がしやすくなります。

玄関ホールの奥行きは、車いすの回転スペースを考慮して、最低でも1,500㎜は確保するのが望ましいです。

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

その他メニューのご紹介

住宅リフォームのポイント

リフォームを行うポイントについて説明しております。

現場でのためになるお話

失敗しない業者選びについて説明しております。

当社の特徴

当社の特徴について説明しております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

受付時間:9:00~18:00

(休業日:月曜日 祝日と重なる場合は翌日)

メールでのご相談は24時間受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アメーバブログ

北九州市の住宅リフォーム会社なら匠エージェント

普段は聞けないリフォーム現場のお話や、リフォームの情報を発信しています。

アクセス

0120-094-654
住所

〒808-0024
福岡県北九州市若松区浜町
2丁目19-7-202

JR若松駅 徒歩15分