北九州市(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)

北九州市近郊もご相談を承ります。

経験豊富な住宅リフォーム提案士が問題を解決いたします!

北九州市の住宅リフォーム会社なら
匠エージェント

北九州市若松区浜町2丁目19-7-202(本社事務所)

北九州市小倉北区中井1丁目31-5(小倉店)

リフォーム提案士にお気軽にご相談ください

0120-094-654
受付時間
9 : 00〜18:00

定休日 月曜日

友だち追加

LINE ID : @fvn3289u

屋内移動  

廊下は、寝室やトイレ・浴室などの生活に不可欠な部屋をつなぐ通りとなります。

高齢者の方や障害者の方々にとっては、廊下を自由に移動できるかはとても大切なことです。

階段は、上り下りの際につまずいたり滑ったりして転倒や転落が多く、家庭内事故が起こりやすい場所です。

可能であれば生活空間を避難階の1階部にまとめて、階段を使用しなくてもよい生活空間が望ましいです。

廊下の移動動作

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

廊下でもっとも配慮しなければならないのは、通行幅の確保です。

とくに、自走用または介助用車いすで移動する場合には、開口部の段差を解消するとともに、車いすで移動できる通行幅員を確保しましょう。

伝え歩きにより移動する場合

廊下の有効幅員は750㎜から780㎜程度で、移動を助け転倒を予防するために、ハンドレール(横手すり)が必要になります。

介助歩行の場合

本人の斜め後方に立って身体を横に半身ずらし、本人の身体を支えながら、前方を確認して歩行することを考慮すると、廊下の有効幅員は1.5人分の幅が欲しいところです。

在来工法の木造住宅であれば、廊下の幅員を拡げるために柱を移動することは可能ですが、柱を移動した後の耐震性能を確保するために、その周囲の柱や壁の補強が必要となり、その分費用もかさんできます。

車いすを使用する場合

高齢者や障害者が使用している車いすの全幅は、自走式で620㎜~630㎜程度、介助用で530㎜~570㎜程度です。

廊下の有効幅員は、直進する場合は、車いすの全幅に100㎜~150㎜程度の余裕をみて780㎜あれば通行できますが、廊下を直角に曲がったり居室への出入りの際には、車いすの向きを回転させるため最低でも850㎜~900㎜程度確保する必要があります。

廊下の幅員を拡げることが困難な場合は、各室の出入り口の開口幅員を拡げる工夫が必要となります。

床の仕上げと幅木

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

床面は、転倒防止と転倒した際に怪我をしないように、滑りにくく、ある程度弾力性のある仕上げが適しています。

車いす使用の場合には、出入り口付近での車いすの切り返しで、フットサポート(足台)や駆動輪車軸が壁面や開口部周辺を傷付けてしまうため、腰壁(床から1.2m程度までに板材を張りめぐらせた壁)にして板張りにするか、幅木を数枚貼り上げて「車いすあたり」を付けます。

車いすあたりは、使用する車いすにもよりますが、通常は350㎜程度の高さを考えておくとよいでしょう。

廊下の照明は、足元がはっきり認識できるように、夜間になると常灯する足元灯を出入口付近やトイレまでの動線に設置すると便利です。

画像をクリックすれば、写真が拡大されます!

その他メニューのご紹介

住宅リフォームのポイント

リフォームを行うポイントについて説明しております。

現場でのためになるお話

失敗しない業者選びについて説明しております。

当社の特徴

当社の特徴について説明しております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

受付時間:9:00~18:00

(休業日:月曜日 祝日と重なる場合は翌日)

メールでのご相談は24時間受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アメーバブログ

北九州市の住宅リフォーム会社なら匠エージェント

普段は聞けないリフォーム現場のお話や、リフォームの情報を発信しています。

アクセス

0120-094-654
住所

〒808-0024
福岡県北九州市若松区浜町
2丁目19-7-202

JR若松駅 徒歩15分