北九州市(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)

北九州市近郊もご相談を承ります。

経験豊富な住宅リフォーム提案士が問題を解決いたします!

北九州市の住宅リフォーム会社なら
匠エージェント

北九州市若松区浜町2丁目19-7-202(本社事務所)

北九州市小倉北区中井1丁目31-5(小倉店)

リフォーム提案士にお気軽にご相談ください

0120-094-654
受付時間
9 : 00〜18:00

定休日 月曜日

友だち追加

LINE ID : @fvn3289u

思い出リフォーム 

リフォームは大規模になっても、既存の建物をすべて壊さなければいけないわけではありません。

戦前、民家や町家が家よりもたくさんあった時代は、新築するときや家をリフォームする時に「古い木材を再利用する」のは、ごくごく当たり前のことでした。

思い出深い既存のものは、使い道を考えて、残してみましょう。

レトロな味を楽しむ

昔ながらの素材は、時間が経つほど美しく風合いが楽しめます。

とはいえ、構造を支えている柱や梁などは、劣化していると残せない場合もあります。

築20~30年ぐらいだと、床材や収納、建具などは十分に活かせることが多いです。

もっとも古いものでも、構造に関係がない建具はかえってレトロな雰囲気が演出できます。

構造材であっても、たとえば天井を剥がして、天井裏を現わし、古民家風の住空間をつくることができます。

古い柱や梁は磨き、新たに塗装することで見た目がよみがえります。

気を付けること

プランニングの際に気を付けなければならないのは、新しい空間にどのように馴染ませるかということです。

古い建具を活かすには、それがしっくりくる空間にすることが必要です。

これらに馴染みやすいのは、無垢材の床や塗り壁といった自然素材です。

新しくても自然素材であれば、長年受け継がれてきた素材なので、それが古いものとも合うのです。

古いものを活かすことは、コストを抑えることにもなります。

しかし、素材によっては施工の手間がかかることがありますので、よく内容を相談しましょう。

その他メニューのご紹介

住宅リフォームのポイント

リフォームを行うポイントについて説明しております。

現場でのためになるお話

失敗しない業者選びについて説明しております。

当社の特徴

当社の特徴について説明しております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

受付時間:9:00~18:00

(休業日:月曜日 祝日と重なる場合は翌日)

メールでのご相談は24時間受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アメーバブログ

北九州市の住宅リフォーム会社なら匠エージェント

普段は聞けないリフォーム現場のお話や、リフォームの情報を発信しています。

アクセス

0120-094-654
住所

〒808-0024
福岡県北九州市若松区浜町
2丁目19-7-202

JR若松駅 徒歩15分