北九州の屋根工事専門会社なら匠エージェント

屋根カバー工法

屋根のカバー工法って何?

現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。

文字通り、屋根を屋根でカバーする工法で、北九州でも盛んに行われている屋根工事です。

屋根を屋根でカバーすることによって、屋根が二重になります。

屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。

カバー工法施工前

コロニアル

カバー工法施工後

ガルバリウム鋼板

屋根カバー工法をもっと詳しく

カバー工法とは既存のコロニアル(スレート瓦・カラーベスト)の上に、金属屋根を重ね張りする屋根のリフォーム方法です。

コロニアル(スレート瓦・カラーベスト)は新築の戸建て住宅で最も使用されており、軽量で初期費用が安いため、高度成長期の日本で急速に普及し、ここ北九州でも急速に普及しました。

コロニアルは色あせによる美観低下があり、10年に1度の塗装工事が望まれます。

30年を過ぎると塗膜の形成ができず、本格的な改修工事が必要です。

改修工事のひとつに既存のコロニアルを剥がして葺き替える方法があります。

しかし、葺き替え工事は剥がす手間賃やアスベスト含有屋根材の処分費などがかさみ工事費が高額になります。

屋根のカバー工法は、解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいなので、葺き替えなどと較べると費用がお安くなります。

瓦屋根とカバー工法の重さの違い

瓦屋根と屋根カバー工法の重さの違い

一般的な瓦屋根、約60kg/㎡よりはかなり軽量です

耐震性を考えた場合、屋根は軽い方が有利です  

カバー工法ではこれまでの屋根を撤去せず、その上に新しく屋根を被せるため、重量増は避けられません。

そのため、弊社では軽い金属屋根材(ガルバリウム鋼板)をお薦めしています。 

一般的なスレート屋根に金属屋根材でカバー工法を行った場合、重量は約23~26kg/㎡になります。

これでも一般的な瓦屋根、約60kg/㎡よりはかなり軽量です

 

屋根カバー工法(メリットとデメリット)

どのような工事であっても良い点、悪い点があります。

屋根カバー工法のメリット、デメリットを紹介します。

メリット

  • 工事費用 屋根材の解体や処分がいらないので、費用を安く抑えられます。
  • 騒音・ホコリ 葺き替え工事に比べ、工事の騒音やホコリも最小限に抑えることが出来ます。
  • 工期が短期間 屋根をめくる手間がありませんので工事期間が短いです。
  • 遮音性・断熱性が向上 元の屋根の上から新しい屋根を設置することで厚みが増し、雨音が室内に響くことを軽減できます。また、屋根が二枚になることで、猛暑の暑さや冬の寒さを和らげることができます。

デメリット

  • 不陸の問題 そのままの状態の屋根に工事をしますので、不陸などの影響を受けやすいです。
  • 下地の問題 既存屋根の上からかぶせるので下地が腐っていると、そのままになってしまう場合があります。
  • 重量の問題 屋根の重量が増します。(※但し、金属製の屋根材であれば建物の躯体に影響をあたえるような重さではありません)
  • 出来ない場合がある 現在の屋根の種類により適さない場合あり、屋根の状況により下地に問題があると、後に不具合がでる可能性があるので別途工事が必要になる場合があります。

代表:中村邦夫

一番良い点は、昔のスレート屋根にはアスベストが含まれていることが多いので、解体することにより費用が発生し、また近隣の迷惑になることがありますが、その工程を省けるのは大きなメリットであり安心です。

工事期間中も住環境が変わることは殆どなく工事によるストレスも軽減できます。

一番悪い点は、あまりにも現在の屋根の状態が悪いとカバー工法自体が出来ないことです。

・うちの家でもカバー工法ができるかな?

分からない時は、北九州の屋根工事専門会社の「匠エージェント」にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

受付時間:9:00~18:00

(休業日:水曜日 祝日と重なる場合は翌日

メールでのご相談は24時間受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アメーバブログ

北九州市の住宅リフォーム会社なら匠エージェント

普段は聞けないリフォーム現場のお話や、リフォームの情報を発信しています。

ミツモアバッジ

アクセス

0120-094-654
住所

〒808-0024
福岡県北九州市若松区浜町
2丁目19-7

JR若松駅 徒歩15分